シエンタ廃車の方法|事故車でも下取りや買取がおすすめ

シエンタ廃車の費用や手続きについて

トヨタ車のシエンタを事故などを起こしてしまい自分で廃車にしようとすると費用が、2万円程度かかります。しかし、人気のトヨタ車という事もあり高額買取が可能なので一括買い取り査定で見積もりしてみる事をおすすめします。万が一、買取でなく廃車になっても手続きは無料でしてくれます。

 

廃車費用をかけずシエンタを売る方法を確認!

 

 

2015年7月に12年ぶりのフルモデルチェンジされたシエンタ

最近フルモデルチェンジされたばかりのシエンタですが大きく変わったのは外観とハイブリット車も追加されたところです。外観の方はかなり変わり別の車と言っていいほどに変貌しています。

 

旧型モデルは丸みをおびており可愛らしいデザインだったのですが、新型の方は若干スマートな印象になります。可愛らしい丸型のヘッドライトが吊り目のキュッとしたヘッドライトに変わっているのでイメージ的には女の子が男の子になった位のインパクトがあります。そしてハイブリットになったことでミニバンにしてJC08モードで27.2km/Lと発表されています。

 

しかしフルモデルチェンジされて困るのは旧型のシエンタに乗っていた方だと思われます。フルモデルチェンジが行われるとどうしても旧型のシエンタは評価が下がってしまいます。そこで現在どのくらいの値が付くのか調べてみました。

 

トヨタ自動車下取り参考価格情報
年式 シエンタグレード 参考価格
2015年(平成27年)

G

119万円

2014年(平成26年)

G

130万円

2013年(平成25年)

G

113万円

2012年(平成24年)

G

96万円

2011年(平成23年)

G

82万円

2010年(平成22年)

G

38万円

2009年(平成21年)

G

20万円

2008年(平成20年)

G

14万円

 

日産自動車参考下取り価格
年式 シエンタグレード 参考価格
2015年(平成27年)

G

67.5万円

2014年(平成26年)

G

65.0万円

2013年(平成25年)

G

60.0万円

2012年(平成24年)

G

53.5万円

2011年(平成23年)

G

47.0万円

2010年(平成22年)

G

32.0万円

2009年(平成21年)

G

26.5万円

2008年(平成20年)

G

17.0万円

※2016年時点の下取り費用で参考価格となっています

 

フルモデルチェンジ後のシエンタの下取り額はどうなるの?

 

トヨタと日産では参考価格に大きな差があり少し参考にならないデータになってしまいました。しかし、旧型のシエンタと新型のシエンタでは大きくデザインが異なる為にまだまだ旧型のシエンタも需要があるのかなと思います。

 

シエンタと言えば小型のミニバンとして重宝されており、あのサイズで3列シートなのがとても魅力ですよね。なので、子供が生まれたばかりの家庭や子供が小学校にあがったばかりの層に人気があるんです。そうなると女性の方の好みとしては可愛らしい旧型の方に軍配が上がるのかなと思います。

 

ただ、この新型のシエンタはとにかく馬鹿売れしているようで発売当初は5ヶ月待ちになる位人気があります。フルモデルチェンジした場合は、新型に人気が出れば旧型の値がさがる、新型が不人気であれば旧型の値が落ちないって感じなのでやはりどうしても今回のフルモデルチェンジは旧型のシエンタにとってはマイナスになると思われます。

 

廃車にせずシエンタを高く売る方法は?

 

シエンタを廃車にしないで少しでも高く売りたいと考えるならディーラーでの下取りを避け中古車買い取り店で査定をして貰いましょう。一回で複数の業者に査定をして貰える一括査定サイトを利用すると、手間なくそしてなるべく高く買い取って貰えます。もしそのシエンタが事故車や事故現状車であれば事故車専門の買い取り店での査定が高額査定のポイントだと思います。

 

車下取り査定のまとめ_TOP