車の下取りと買取の違いは何?高く売れる方法はどっち?

車の下取りと買い取りの違いについて

車を売る方法として「下取り」と「買取」という言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、いまいち違いが分からないという方が大半だと思います。しかし、下取りという選択を選ぶと10万円以上の損をする可能性が高いです。高く売りたいと思うなら車を「買取」して貰う方が正解です。正確には、売る前に一度は一括査定を依頼して今の自分の車の相場を知ることがとても大切です。

 

買取で高く売る!一括車買取査定はこちらで確認

 

下取りとは

車を買い換える際に車を購入する販売店に今乗っている車を売って、購入する車の代金の一部に充てることを下取りと言います。欲しい車が売っているディーラーに足を運び、そこで車を買うと同時に車も売ってしまいます。大半の方の車の売り方の認識としてはこの下取りを思い浮かべるのでは無いでしょうか?

 

メリット ⇒ 1店舗で手続きが完了するので楽ちん
デメリット ⇒ 査定額が安い

買い取りとは

中古車買取専門店などに、今乗っている車を売って現金にすることです。下取りの場合は各社の基本価格を元に車のキズ・凹みなどを減額して下取り価格を決定するのが一般的ですが、買い取りの場合は業者オークション相場を元にして装備やオプションなども評価の対象になります。なので買取の方が査定額が上がる可能性が高いです。

 

メリット ⇒ 査定額が高い
デメリット ⇒ 購入と売却が別々のお店になるので手間が掛る

 

一括買取査定で車を売ると1番高い販売店を選んで、同じところで中古車を買う事ができますので手間がかかりません。

 

買取で高く売る!一括車買取査定はこちらで確認

 

 

中古車の下取りより買取の方が高く売れる

 

最近では中古車買取専門店がどんどん増えてきています。増えてきているという事は儲かっているという事なんですが、買取専門店が儲けを出している理由としてはディーラーでの下取り額が低いという点も関係しているんです。

 

下取り額に納得いかない ⇒ 買取専門店で10万円UPの査定 ⇒ お客が流れて来るから儲かる

 

私たちは車の相場が分からないので、もし自分の車が80万円の価値があったとしても、ディーラーが70万円だと言えば大体そんなもんなのかと思ってしまい手放してしまいますよね。営業マンに「どこへ行ってもこんなもんですよ」とか「もうこれ以上は・・・・」って言われると余計にですよね。

 

しかし最近ではTVコマーシャルなどで「高く買取ます」「車売るなら○○」というようにバンバン宣伝しているので、下取り額に納得いかない人はディーラーの下取り額をひっさげて買取店を訪ねる様になったんです。そこで5万円でも高く買い取って貰えると分かればそちらに決めますよね。中には下取り額より20万円以上も査定額がUPしたという人もいるので高く売りたいと思う方は必ず一度は買取店を必ず利用しましょう。

 

あと、車を少しでも高く売るコツとしては何店舗も回って1番高い査定をしてくれた所で売る事なんですが、やってみれば分かるのですがとても大変な作業です。近所の買い取り専門店を探して突撃、また近くの買取専門店を探して突撃。この繰り返しなので時間も掛りますし、何よりヘトヘトになります。なのでおすすめなのは買い取り一括査定のサイトを利用することです。最大10社まで一気に査定して貰えるの1店舗1店舗回る手間が省けますし、多くの所で査定して貰うことで査定額も高くなります。

 

最初にも言いましたが自分の車の相場を知ることはとても大切な事なので、損をしたくないという方は一度確認してみて下さい。

 

 

 

 

 

車下取り査定