車の色(ボディーカラー)で査定額の価格はどう変化するのか

車の色(ボディーカラー)について

車を売ろうと検討されている方で車の色が黒(ブラック)とか白(ホワイト)の車に乗っておられたら、高く買い取って貰える可能性があります。やはり車にも人気色、不人気色があり査定額に影響してくるのですが、黒とか白は人気が高いんです。ボディーカラーが白か黒ならば査定ではかなりのプラスポイントになりますよ。

 

オンラインで高く売る一括買取査定はこちら

 

 

査定にプラスの人気色(ボディーカラー)とは?

車査定にプラスの人気色
・ホワイト
・パールホワイト
・ブラック
・シルバー

 

普段車に乗っていて良く目にする車の色ってブラックとホワイトが多くないですか。というよりもその2色で全体の8割を占めているんじゃないかって位に多いですよね。多いという事は単純に人気があるという事なんですよね。そして人気という事は需要があるという事で車を買い取って貰う時の査定額もプラスになります。買い取る側からしてみれば人気車はすぐにでも売れるので、少し高くてでも欲しいとなるので高額査定になるのです。

 

あとブラック・ホワイト程でも無いですがシルバーとかも人気なのでこちらもプラス査定になります。シルバーは落ち着いた雰囲気があり年齢層が高い方に人気ですし、車の汚れが目立ちにくい色なので需要があります。

 

査定に不利な不人気色とは
・レッド
・ブルー
・イエロー
・グリーン
・ピンク

 

人気色のブラックやホワイトが無難な色というのなら、この不人気色は原色の個性的な色になりますね。この色だけ見れば5レンジャー組めるんじゃないかといった色の組み合わせですが、やはり個性的と言われるのは少数派という事なのであまり需要が無いんですよね。需要がないという事は買い取る側からしてみればリスクでしかないのでなるべく安い査定額を提示してしまいます。

 

ただ車の車種によってはレッドが人気だったり、ブルーが人気だったりするので一概にこの色だと査定額が安くなるとも言えません。インプレッサと言えば青ですし、フェラーリと言えば赤って感じで人気がありますよね。

 

あとその時代によって人気車種ってどんどん移り変わって行くので、売り時によって大きく変動する可能性もあります。一昔前だと女性に人気がったのがミラジーノのグリーンがとても人気でした。しかしラパンが登場してピンク色のラパンを良く見かけるようになると、ミラジーノは一昔前の車って感じが否めないですよね。そうなると査定額も落ちてしまうので、ピーク時を見極め売るという事も車を高く売るためのコツになると思います。

 

じゃあ売るときの事を考えてボディーカラーは人気色にするべきなの?

 

一番良いのは「乗りたい車が人気色」なのが良いですが、乗りたい車に乗るって事も大事です。うちの奥さんは初代ラパンのシャンパンゴールドに乗っていますが、未だに可愛い可愛いと気に入っています。私個人は何でその色にしたんだという気持ちで一杯ですし・・・、車を買う時にディーラの販売員にも「本当にシャンパンゴールドでいいんですか?ピンクじゃなくていいんですか?本当にいいんですか?」と念を押されたのですが奥さんはの心は揺るがなかったみたいです。

 

ただ数年ごとに乗り換えしたいと思うのならば、やはり少しでも高く売れる人気色を選ぶのか無難だと思います。軽自動車なら数万円、200万円を超えるような普通車なら10万位の差が出るので。車のボディーカラーも車を高く査定して貰える大切なコツだという事を覚えておいてくださいね。