事故車を修理して乗り続けるのか売るべきなのか?

事故車でも修理しないで売る事ができる

突然の事故で車を修理するのか、車を売って買い替えするのかという選択を迫られることは少なくありません。事故で得する事はなく損する事ばかりなので、そういった事態に巻き込まれたときになるべく損はしたくないですよね。しかし事故に関しては一概に「これをすれば正解」という事はなく、乗っている車の価値であったり事故車の修理費用で選択肢は変わってきます。なので事故を起こして大変な時期だとは思うのですが、お金の算出をし色々シミュレーションする事が大切です。

 

事故車を売るならこの買取ディーラーを確認!

 

事故で発生するお金のあれこれ

車の修理費用

まず車を修理する事を考え事故車を直す修理費用を見積もりして貰いましょう。事故の程度により修理費用は大幅に変わるので何十万というお金が発生する場合があります。この場合、現状の車の価値を上回る修理費用が必要となった場合は車を手放した方が賢明といえます。修理には故障部分の再発というデメリットもあるので、新しい車の方が安心して乗れると思います。

自動車の保険料

事故を起こした場合は必ず自動車保険で修理費用が発生するのか確認しましょう。そのお金で修理するのはもちろん、車を売却後に購入資金として当てる可能です。しかし、ご存知の方が大半だと思われますが保険を適用すると等級が下がり月々の支払いが上がり保険会社に支払うお金が高くなります。なので保険料の変動がいくらなのかも確認も保険会社にする必要があります。多少の傷とかであれば使わない方がお得というケースがほとんどです。

事故現状車の買い取り料

事故を起こした車を修理せずそのままの状態で売り、次の車の購入資金に充てる場合は、ディーラーでの下取りはさけ事故車専門の買い取り業者に査定して貰いましょう。ディーラーや事故車を得意としていないところでは事故車は大幅に値が下がってしまいます。少しでも高く事故車を売りたいと思うなら、事故車専門の複数の業者に査定をお願いする事です。

修復歴有りとなった場合の買い取り料

車を修理する決断の前に、修理により修復歴(事故車扱い)が有りになるのか無しになるのかがとても重要です。乗り潰して廃車にしようと考えておられる方なら良いのですが、数年乗って車を売却しようとされている方はキチンと確認する必要があります。簡単にいえば車の骨格部分の損傷で修理した場合は事故車の扱いを受け、売却時に数十万の値引きの対象になります。修理費用+買い取り料マイナスによりどれだけお金が掛るかという計算が必要となってきます。

車の残りのローン

ローン支払い途中での事故の場合は、車を売って乗り換えを考える場合ローンの一括返済が必要となってきます。車のローンがかなり残っており買い取り額がローンを下回る場合は手出しが必要となるのでその事も頭に入れておく必要があるでしょう。

 

以上の事から、

【車を修理した場合】

⇒修理費用はいくらなのか?
⇒修復歴は付くのか?数年後の買い取り額への影響は?
⇒保険金はいくらなのか?
⇒保険適用後の保険料はいくらか?
⇒事故車を乗り続ける不安は大丈夫か?再発の可能性は無いのか?

【車を買取して貰う場合】

⇒いくらで買取して貰えるのか?
⇒車のローンの残高は?
⇒保険の修理費用を車の購入金に充てられるか?
⇒次の車の予算は?

 

迷った時には面倒くさいと思いますがそれぞれしっかりとシミュレーションをしてどちらがお得なのか考えましょう。ですのでまずは修理費用と買い取り額がいくらなのかというのをはっきりさせましょう。特に買い取り額に関しては家にいながらネットが使える環境にいれば簡単に調べる事が可能なので。

 

車下取り査定