事故車の定義とは?知らないと損、実は事故車では無い可能性も

事故車の定義を知っておこう

事故を起こしてしまった車全てを事故車と思う方も多いと思いますが、事故車(修復歴車)にはしっかりとした定義があり、何でもかんでも事故車となる訳ではありません。

 

自分の車は事故車だと思い込むことで下取りの時などに足元を見られてしまう事もあるので、事故車の定義をしっかりと頭に入れておくこと、最低限の知識を身につけておくことが大事です。

事故車の定義とは
@事故現状車 = 壊れたままの状態の車で、主に自走が困難な車の事
A修復歴 = 自動車の骨格部分が損傷し修理した車の事
B修理歴 = バンパー交換、車のボディーの凹み、傷などの骨格以外を修理した

 

ひどい事故車の買取はこちら
レッカー代無料
修理しないで事故車を売るならカーネクスト

 

 

一般的に事故車と言われ大きく車の価値が下がるのは@とAになります。そして多くの方が勘違いされているのがB修理歴の部分になります。

 

衝突事故などで丸ごとドアなどを交換するとおおごとの様に思いますが、損傷がピラーの部分まで達しておらずドアのみの板金であれば修理歴となり事故車扱いは受けないのです。

 

(1) フレーム (サイドメンバー)
(2) クロスメンバー
(3) インサイドパネル
(4) ピラー
(5) ダッシュパネル
(6) ルーフパネル
(7) フロア
(8) トランクフロア

 

ではなぜこの骨格部分を損傷すると車の価値が急に下がるのでしょうか。

 

それは骨格の部分は衝突した箇所だけではなく、衝撃の余波によって他の部分までもが損傷してしまう可能性があるからなのです。

 

以前中古車販売の人に説明して貰ったのですが、その時は煙草の箱を使い分かり安く教えてくれました。煙草の箱の一つの角をテーブルに思いっきりぶつけて衝撃を加えると、その角だけではなくその周辺や反対側までもが少し変形していたんです。
つまり車でもこれと同じような事が起きており、事故で故障した部分だけを修理すれば見た目は元通りですが実は他の部分までもが傷ついている可能性が高いのです。

 

そしてそういう車はどうなるかというと・・・・

 

・車がまっすぐ走らない
・タイヤが編摩耗や方ベリする
・すぐに故障したり、修復部のトラブル再発

 

など、事故車の経度にもよりますが色々問題が起こる可能性が高いのです。骨格部分の損傷は全体のバランスがおかしくなるんです。

 

なので事故車の定義として上にあげた骨格の部分は修復歴(事故車)となると覚えておいた方が良いでしょう。

 

ひどい事故車の買取はこちら
レッカー代無料
修理しないで事故車を売るならカーネクスト

 

 

これって事故車?の事例

 

例1 後ろから追突事故に合い、リアバンパーがへこみバンパー交換したらこれ事故車ですか?
   ⇒バンパーだけの交換なら修理歴です
   ⇒リアフレームまでの修理となると修復歴となります

 

例2 ドアが一枚、キズやへこみで板金塗装したら修復歴ですか?
   ⇒これは修理歴になります

 

例3 フロントバンパー交換、フロントフェンダー片側交換、ドア片側交換、リアフェンダー板金
   ⇒骨格をいじっていないただのボディー(表面)の板金なので修理歴
   ⇒ただ、交換した部分の光沢や色が違うというのは査定が下がる可能性がある

 

修理歴の車だと数万円の値下がりだったのが修復歴有の車だと数十万のダウンとなる事もあるので、骨格部分の損傷は下取りや買い取り額に大きく関係してきます。

 

しかしプロの車屋10人聞いたら10通りの査定があるように事故車の査定の判断はとても難しいようです。

 

車の事が全く分からない素人にはとても難しい事なので、最低限の定義である骨格部の損傷はやばい!!とだけ覚えておきましょう。

 

あと事故車をお持ちの方で車を売りたいと思われた人は、事故現状車(修理なし)なら事故車専門の買い取り業者で査定、修復歴有の車をお持ちの方であれば中古車買い取り業者で査定して貰うのがより高く買い取って貰えます。

 

先ほども言いましたが、事故車の評価は10人いれば10通りの評価があると思っていいので、なるべく沢山の業者に見て貰う為に一括査定サイトを利用すると良いでしょう。以上が事故車の定義でした。

車下取り査定