事故車は売れないから事故車も売れる時代に!

事故車でも高く売る事ができる方法

事故車は値がつかない売れないと思っておられる方も多いと思いますが、最近では事故車を買い取る店が増えています。事故車を処分するのにお金が掛かるからと諦めておられる方は一度ぜひ事故車の買い取り専門店での一括査定をしてみてはいかがでしょうか。ビックリするような値段が付くこともありますよ。

 

・なぜ事故車がお金になるのか?

 

事故車と一重にいっても車を修理した「修復歴有」の車や、事故のまま修理していない「事故現状車」と大きく二つに分かれます。自分で修理した車(修復歴有)などは、値が大きく下がるものの車の状態によっては売れる場合が多いので中古車販売店などで査定をして貰うと良いでしょう。

 

しかし事故でフロント部分が大破した車など事故現状車のような廃車寸前の痛々しい車はどうかというと、保険屋などで紹介されたディーラーに持っていくと『これはもう値が付きませんね。むしろ廃車にするのにお金が掛りますよ』などと言われることでしょう。しかし事故車を専門に買い取っているお店がある位なので事故車でも需要があるんです。

 

高性能で信頼のおける日本の車は壊れていても海外では大人気なため、買い手がすぐ見つかります。また事故現状車を日本で修理するのは高く付くので、日本ではなく輸出先(現地)で日本よりはるかに安く済み、修理に掛かる費用を大きく抑制できるのも、事故車に高い値が付く理由のひとつなんです。

 

1.世界中に張り巡らされた販売ネットワークがある
2.海外では修理して大切に長く乗る文化として強く根付いている
3.修理しても元が取れない車は使用できる部品単体として売る

 

・どんな事故車(ダメージカー)を買い取って貰えるのか?

 

「不動車」

 

不動車とは何かしらの理由で自走出来なくなった自動車をいいます(車検切れによる手続き上のもの含まれますよ)。先ほど軽くふれた事故現状車も不動車と言えるでしょう。一見外観は大丈夫でもエンジントラブルを起こしている車なども不動車となります。

 

⇒買い取り可能です。修理して元が取れるなら修理して販売。修理しても元が取れない場合は部品として販売。

 

「過走行車」

 

年間1万キロ以上走っている車の事です。しかし過走行車と聞いて真っ先に思い浮かぶのは10、20万キロ以上走った車では無いでしょうか?車を売るベストな走行距離が6万キロ〜8万キロくらいとされているので、それを超える車は過走行車と言っても過言ではないような気がします。

 

⇒買い取り可能です。10万キロを走りすぎと思っているのは日本な勝手なイメージであり、海外では10万キロ程度の車は逆にまだ走っていない方の部類になるそうです。日本では重要が無くとも海外では売れるので、車種にもよると思いますがこれも買い取りが可能です。また海外で需要のあるトラックやバスなんかも喜んで買いとっていただけます。

 

「火災車/火災車両」

 

配線などのショート・オイル・ガソリン漏れによる火災、事故による火災。この様に一度車に火が上がった車の事を火災車、または火災車両と呼びます。

 

⇒エンジンルームのみ火災、半焼、全焼と火災の種類にもよりますが買い取りは可能です。こちらもエンジンルームなどの一部なら修理して販売、状態が悪いものに関しては使える部品の販売となります。

 

「水没車/冠水車」

 

台風による河川の氾濫や大雨による洪水などの災害により車が水没してしまったケース、運転を誤って川や海に転覆してしまい車が水没したケースの車の事を水没車、または冠水車と呼びます。

 

⇒水没の程度により金額変わるものの買い取り可能です。主に海外への輸出となります。

 

一度査定0と判断された売れない車でも買い取ってくれる所は沢山あるのであきらめず買い手をさがした方が賢明です。

 

動かす事の出来ない不動車であっても、最近はネットで一括査定後に実際に業者の方が自宅までわざわざ無料査定しに来て貰えるのでとても助かると思います。

 

修理した修復歴有は中古車サイトで査定、事故現状車などの不動車は事故車の買い取り専門店で査定と覚えておいてください。