フィット廃車手続きと廃車費用|おすすめは買取か下取り

フィット廃車手続き方法と廃車費用について

ハイブリット車としてアクア、プリウスに次いで人気なのがフィットですが、事故などを起こしてしまい自分でフィットを廃車にしようとすると費用が2万円程度かかります。そこで、日本製のハイブリット車として海外でも人気で高額買取が可能なので、フィット廃車の前に一括買い取り査定で見積もりしてみる事をおすすめします。万が一、買取でなく廃車になっても手続きは無料でしてくれます。

 

フィットを廃車せず高く売る方法を確認!

 

 

修理していないフィット事故車の方はこちら

 

 

フィットを廃車にすると2万円以上もかかります。上記の買取業者では廃車費用がかかりません。

 

初代から変わらず人気のある車がフィット

 

2001年にフィットが登場して今現在3代目のフィットなのですがとても人気がある車です。やはりコンパクトカーとしては広い車内空間で後部座席でもゆったり座れることやコンパクトで小回りが利く、そして低燃費で経済的という理由が上がります。人気の高さはトヨタ自動車のヴィッツや日産自動車のマーチと共に、「日本のコンパクトカー御三家」と言った感じです。ただ3代目フィットでもリコールが発生しておりアクアに一歩先を行かれているといったところです。

 

トヨタ自動車下取り参考価格情報
年式 フィットグレード 参考価格
2015年(平成27年)

13G・Sパッケーシ

117万円

2014年(平成26年)

13G・Sパッケーシ

98万円

2013年(平成25年)

13G・スマートセレクション

58万円

2012年(平成24年)

L

47万円

2011年(平成23年)

L

37万円

トヨタ自動車下取り参考価格情報(フィットハイブリット車)

 

年式 フィットハイブリットグレード 参考価格
2015年(平成27年)

Sパッケージ

137万円

2014年(平成26年)

Sパッケージ

115万円

2013年(平成25年)

XHセレクション

81万円

2012年(平成24年)

スマートセレクション

58万円

2011年(平成23年)

スマートセレクション

54万円

フィットを廃車しないで高く売る方法は?

 

愛車のフィットを廃車しないでなるべく高く売ろうと思ったらディーラでの下取りを避け、中古車買い取り専門店で査定をして貰う事がまず大事です。ディーラーでの下取りはとにかく簡単で良いのですが、どうしても査定額の方は買い取りと比べると安くなってしまいますので、少し手間ではありますがなるべく沢山の買い取り業者での査定が必要になります。

 

沢山の業者でフィットを廃車の査定をする言っても何店舗を回るのは大変ですので、一括査定サイトで一気に数社に査定をして貰いましょう。出来れば1サイトだけで決めるのでなく2サイト、3サイトで一括査定するのがより高額な査定をうけるポイントです。サイトによって登録されている店舗に差があるので、数サイトを利用する事でより多くのお店に査定して貰えるから結果的にフィットを廃車せず高値で売ることが出来ます。

 

廃車同然の事故車のフィットを高く売る方法は?

 

もしお持ちのフィットが事故車もしくは事故現状車(修理していない状態の車)の場合は事故車専門で廃車か買い取り査定をおすすめします。普通の買い取り店よりも廃車同然の事故車を高値で買い取りしてくれます。こういった所は海外での修理で費用を抑え数十か国の販売ルートを持っているので高額査定を実現しているんです。

 

もしフィットを廃車にしようか迷っておられる方がおられたらダメもとで一度廃車&買取査定して貰うと良いでしょう。廃車同然のフィットが意外な高額査定を受ける事がたまにあります。また海外の人は日本の人ほど事故車に抵抗が無いですし、日本の車は高性能で信頼も高いので廃車みたいな中古車が海外で良く売れるんです。事故車といえど廃車などと諦めずなるべく高く売ろうとする努力が必要なんです。

 

 

フィット廃車の関連ページ

 

 

車下取り査定