中古車走行距離10万キロの車下取り査定はいくら?

中古車で走行距離10万キロの車下取りより買取査定が高い

中古車の下取りの査定額が決まる重要な項目として「年式」と「走行距離」があります。単純に古ければ安い、走行距離が多ければ安いとなります。

 

年  式 → 古いほど経年劣化する
走行距離 → 各パーツが消耗し交換にお金が掛る

 

では走行距離が10万キロ以上の車っていくら位の査定が付くの?それ以前に10万キロも乗って売れるの?と疑問に思いますが、やはり走行距離を10万キロ以上乗るとなかなか希望通りの値段が付くことは少ないと思います。ましてやディーラーでの下取りとなるとさらに査定額は低い傾向にあります。なので少しでも高く売るなら買取業者で一括車下取り査定がおすすめです。

 

走行距離10万キロ以上でも高く売るならこの業者

 

※相場を知る事が大事です。

 

中古車10万キロ走っていてもまだまだ高く売れる

10万キロ以上乗っている車を売ろうとしている人の気持ちとしては、少しでも金額が付けばいい、マイナスにならないだけでも儲けだと思うかもしれません。しかし、買い取る側からしてみればそういったお客さんにはカモでしかないのです。だって買取側は安く仕入れれば仕入れるほど自社の儲けに繋がります。そこに「1万円でも値が付けばラッキーです」なんてお客が来れば、それは安く買取できるチャンスとなる訳です!

 

しかしどうでしょう!ある程度一括査定などのサイトを利用し、今の乗っている車の相場を分かっているお客が来たらそうはいきませんよね。

 

そもそも日本の中古車は人気なんです。日本人は車を大事に使います。傷が出来ればすぐに修理しますし、オイルやエレメントも頻繁に交換し、定期的に車検もします。考えてもみて下さい。10万キロになったら廃車ですか?もう走れないですか?それは日本での感覚であって、海外では50万キロ以上走る車なんてザラなんです!「10万キロ走った中古車はゴミ」という認識が車を安く手放してしまう要因になってしまいます。そしてカモにされてしまうのです。

 

日本のメーカーは信頼もありますしブランド力としても一流です。

 

私の会社には通勤距離が往復で100キロの先輩がいるんですが、その方は10年で20万キロくらい乗るそうです。やはりその先輩も「もうこっちがお金を払って処分してもらうしかない」という考えなのですが、先輩もやはりディーラでの中古車下取りを利用しているんですよね。

 

一括下取り査定をしようと思わない背景にはやはり「走行距離10万キロ以上走った中古車はゴミでしかない」という考えが強いからなんですよね!愛車の査定額の相場を知るというのはとても大事な事なので10万キロ走った車でも諦めないでください。

走行距離が10万キロ走っても人気のある中古車

トヨタ→プリウス、カローラ、クラウン、ハイエース、ランドクルーザー
ホンダ→NSX、ニッサンのフェアレディ、スカイラインGTR

 

やはり世界のトヨタは人気があります。また四駆世界でも需要がありますし、スポーツカーなども人気ですね。10万キロ走っていても人気の車は売れるという事です。この手の車を持っておられる方は弱気にならず、強気で車の査定に挑んでみてはいかがでしょうか!?

 

 

車 下取り 査定